持田有紀子 3次元ベータトレード

大手出版社に拒絶された「月利40%手法」

今回は持田有紀子さんという、元野村証券で勤務経験が有る方の「3次元ベータトレード」という商材をご紹介します。

商品の特徴というと、日経225(日本の株225社の平均価格)とドル円の相関関係でトレードを行うものということです。

確かに日経225でドル円の相場方向を判断したりといったことは通常あります。 

よってこの商材はもっと一歩進んでそれで詳しく判断してトレードするということです。


持田有紀子氏とは



野村証券で投資の勤務経験があり、現在は投資情報会社を運営されている方です。

有名なダイヤモンド社の「ザイFX!」で毎日発信している「戦うオンナのマーケット日記」というコラムがあります。

ザイFXはFXでは有名な雑誌ですが、そこでコラムを書いている人になります。

年ベースでは無敗(ということみたいです。)という結果を残しています。

3次元ベータトレードとは



3次元ベータトレードは、FXトレードを行うときに、FXの相場のみで判断してトレードするのではなく、株や他の投資商品の相関関係で判断してトレードをこなうというものです。

公式で発表している最大月利は40%。 そしてトレード時間はおおよそ10分で、長くで30分以内ということです。

3次元ベータトレード

ただこういった商材は、勉強するまで非常に時間がかかります。 たとえやり方をマスターしたとしても、彼女のように勝てないからです。

なぜなら相場の見方を知らないと確率が高いところでかけることができないからです。 

トレードが時間が少ないと言ってもそれは、ある程度この商材のやり方を覚えて、それプラス相場環境をみることが必要です。

なので簡単に月利40%稼げるようになるとは考えないようにした方が良いです。

初心者で利益を出したのであれば、自動売買トレード



FXの自動売買トレードは、MT4(メタトレーダー4)というチャートソフトを使用してトレードを行うものです。

beatrice-07


上の画像は「Beatrice-07」という自動売買ソフトですが、2013年の運用から素晴らしい成績を出しています。


自動売買ソフトを一度セットすると時間は取られないし、初心者でも簡単利益を出すことができます。

ただソフトによって成績がまちまちですが、優秀な自動売買ソフトは、本当に長期の運用でも勝っているため、仕事が忙しいサラリーマンにも大変人気が出てきています。

自動売買トレードに興味がある方はお気軽にご質問くださいね。

➡︎自動売買トレードについてのオススメの記事はこちら











  • このエントリーをはてなブックマークに追加